MENU

美容情報~ターンオーバーの真実

ターンオーバーの真実ABOUT TURNOVER


ターンオーバーが乱れるって?

「ターンオーバー(角質代謝)が乱れてますよ」って良く言われませんか?ターンオーバーとは、図の下の基底層で細胞が生まれ、毛細血管から酸素などをもらって徐々に丈夫な細胞になってから表に上がり、そして剥がれ落ちるまでのサイクルを言います。理想上は通常28日と言われるこのサイクルが、遅すぎたり早すぎたりすると、お肌は乾燥しやすくなるわけです。ちなみに28日というのはただ判りやすく設定されているだけで、人によって理想の状態は異なりますし、またお顔の場所によっても全く異なります。Tゾーンは遅くて正常だし、目元や唇はものすごく早くても正常です。

ところが、「ターンオーバーは年齢と共に遅くなるものだから、早ければ早い方が良い」などと言っている化粧品メーカーがあるから、誤解して大変なことになってしまうわけです。だって、もしもターンオーバーが早い状態なのに、さらに早めるケアをしてしまったら・・・

それでは最初にターンオーバーが遅い肌について説明をしておきましょう。年齢と共に、ターンオーバーは遅くなってくる傾向は確かにあるようです。遅くなってくると、毛細血管から長い間酸素をもらい、しっかりと角質が育ちますので、硬い肌になります。そう、ヒジとかカカトとかがそうですね。ちょっと突っついても痛くないぐらいの丈夫な角質が生まれることになります。

でも「ターンオーバーが乱れている」というのを、『遅くなっている』と誤解されていませんか?皆さんのお顔の皮膚は、そんなに鈍感なお肌なのでしょうか??

ページTOP△


ターンオーバーが早いとどうなるの?

実は、私たちは皮膚理論上、特別な行為をしています。それは、クレンジングと洗顔なのです。

洗顔では落とせないぐらいの油汚れを、クレンジングは落としてくれます。その際、お肌に必要な油分(細胞間脂質、NMF、セラミド)が流出し、角質が剥がれやすくなってしまうのです。そう、油汚れを落とす洗剤が手についても、比較的角質が厚い手であっても肌荒れするように、お肌はとても乾燥しやすくなるのです。手が荒れたらハンドクリームを付けるように、それで洗顔後に化粧品で水分と油分を補うというわけ。

強いクレンジングや洗顔を3分くらい長い時間使用してしまうと、本来まだ付いていないとならない角質が剥がれてしまい、怪我をした時と同じように、すぐに皮膚を作ろうと、慌ててターンオーバーを早めようとするわけです。ターンオーバーが早くなると、毛細血管から酸素を十分にもらうことなく、まだしっかり育つ前の弱い未熟な細胞が上に上がってしまいます。そんな未熟な細胞は非常に脆く、簡単に剥がれやすくて、再び洗顔などで簡単に剥がれてしまい、ますますターンオーバーが早くなっていくわけです。

このようにターンオーバーが早まってしまうと、乳液を付けても乾燥するだけでなく、頬の赤みが強く出るようになり、肌荒れしやすくもなります。皮脂が多い人だとニキビが出来るようになり、また鈍感な肌とは逆の過敏な肌へと変化していくわけです。

ページTOP△


ターンオーバーは何歳ぐらいから遅くなるの?

某メーカーさんに言わせると、「乾燥を感じるのはターンオーバーが遅くなってきたから」だとか。

実はそうではなくて、化粧をするようになって、まずはクレンジングと洗顔をするようになってから乾燥が気になるようになったはずです。さらに、強いクレンジングを3分以上付けていたり、洗浄力の強い洗顔を使用したり、角質除去の化粧液を使用したり、さらには洗顔パフなどで擦り洗いをしたりと、やたらとターンオーバーを早めるケアをしてしまった場合は、もう高価なクリームを付けても乾燥するようになるわけです。

もう気が付きましたか?そう、実は・・・ターンオーバーが遅い人って、クレンジングや洗顔をしている限り、見当たらないそうなのです。100歳近くの方で、洗顔もしていない方の肌データがまだないので、実際には理想のターンオーバーよりも遅い人もいるのかもしれません。

しかし、ポーラのアペックスiの500万人もの角質データからも、検出されるのは生きた細胞(有核細胞)のみで、ターンオーバーが遅い人は現在も検出されていないとのこと。そしてビューティサイエンティスト岡部さんからも、ターンオーバーが遅い人はまだ検出されていないと報告を受けています。

しかし、大手メーカーの美容部員さんは、理想よりも遅い人が多いと信じている場合もあって、そこで大手メーカーさんたちに聞いてみたことがあります。資生堂の研究所の所長さんたち2名も、早いケースがほとんどで、遅い人は見当たらないということでした。そしてコーセーの研究所の所長さんも、全く同じ回答でした。研究所側の皮膚理論と、テキストに書かれている皮膚理論とでは、どこかで正反対に操作されていたわけです。すでにターンオーバーは遅れがちだということが、外資メーカーの影響で世間一般に言われていることなので、そのようにした方が売りやすいということなのでしょうか?

まさか「お客様の肌を故意に乾燥させるカウンセリングを続けていれば、高級なクリームや美容液が売れる」なんて思ってはいないのでしょうけれど・・・これらの真実は、岡部さんや化粧品目利きの会などで、有識者から聞いたことだけど、メーカーのトップたちは、そんな事実は全く知らされることが無く、どこかで事実を曲げられて隠されてしまっているのでしょう。しかし、有名な美容ライターさんたちは、タマヤの会などを通じて、すでに気が付いていますよ。女性誌などを見ると、そんな嘘っぱち理論の商品は、全く相手にしなくなってきていますね。

ページTOP△


角質クリア商品は大丈夫なの?

角質除去効果があるとすれば、それはターンオーバーが理想よりも早まりやすいという日本人の肌には、合っていないということになります。AHA(フルーツ酸)やBHA、サリチル酸に尿素。これらの成分が高配合の化粧品を使われると、頬に赤みが出て、どんどん乾燥しやすくなるというわけ。

しかし、実際に当店で売られている化粧品を良く調べると、面白いことが分かりました。例えばTMG(トリメチルグリシン)などの保湿成分に「角質クリア効果」があると表記されている場合が多いのです。「角質クリア成分」つまりは角質を保湿して、透明感をもたらせる成分のことであって、決して角質除去成分ではなかったりしているのです。柔軟化粧水などに、角質クリア成分配合だとか、角質ケア成分配合となっているのは、良く調べると角質除去効果はないことが分かりましたので安心してご使用ください。

また、大手メーカーから出されているクリアローションの角質除去効果は非常に弱く、さほど大きな皮膚障害になる可能性も低いでしょう。むしろ肌がガサついて、ファンデーションの乗りが悪い時など、朝に一時的に使用する場合は、非常に便利な物と言うべきでしょう。

しかし、間違ったアドバイスのもと、本気で一生懸命に洗顔をしてしまったり、長い時間クレンジングをしたり、化粧水をコットンでゴシゴシしてしまえば、明らかに必要な角質を取りすぎてしまいますので注意いたしましょう。

さらにまずい例としては、角質除去効果が高すぎて、スキンケアとしては許可されていない成分「尿素」配合の化粧水を、自分で作るなんていうのが流行っていることです。さらには、尿素配合のハンドクリームを、お顔に付けてしまうという勇者まで現れております。めがね拭きのクロスで擦り洗いして、ひりひりして懲りた方もいらっしゃると思いますが、一時期のブームで終わることを願うばかりです。

ページTOP△


美容ライターさんの関連記事1

(メイキャップマガジン2000 斎藤薫「美容の本当」)

「遅れがちなターンオーバーを早める」は大ウソだった!?

大人のニキビで悩んでいる人などは「私は代謝リズムが遅れがちだから・・・」と言い、角質ケアでターンオーバーを早めようとしている。しかし、あるメーカーの膨大な肌データをのぞいてみると、ターンオーバーが遅いのは、70代以上のお年寄り以外はめったにいないという。むしろ20代、30代には、「早すぎる人」が圧倒的に多いのだ。早すぎるから、未成熟な細胞がたくさん生まれ、バリア機能が低下するから、水分保持力も低下。外的刺激を受けやすくなるから、ニキビもあるのに肌アレもあり、過敏にもなりやすいという三重苦に悩んだりするのである。

ともかく遅すぎもまずいが、早すぎるのは細胞が育たないうちに表に出てきてしまうから、もっとまずいというわけ。角質ケアなどで、遅れがちなターンオーバーを早めるという考え方そのものが間違いだったってことだろうか。今の角質ケアは、表皮のデスモゾームという角質同士をくっつける接着剤を、正常なものにするという発想が主流となっている。表面の古い角質を「はくり」するという、角質ケアの初期の頃の考え方は、しだいにデスモゾームへのアプローチに変わっていくはず。ピーリングなども、本当に信頼のおける医師の手でなされるもの以外は、なくなっていくのかもしれない。

ページTOP△


美容ライターさんの関連記事2

(メイキャップマガジン2000「斎藤薫 美容の本当」)

「角質ケアしすぎると、顔が黒くなる!?」

2年ほど前の冬、私の肌にとんでもない事件が起きた。外出先から帰って、鏡を見ると肌が真っ黒。いや、今まで見たことがない、赤黒い肌になっていたのだ。しばらくすると肌色は元に戻るが、これは冬場によくありがちな寒さからくる肌色変化ではないことを直感する。寒いと毛細血管が縮こまって、ホッペがまっ赤になるのとは基本的に違う・・・・・。ちょっとでも冷たい風に触れると、ほぼ瞬間的に赤黒くなる「体質」に変わっていたのだ。確かにその頃、外に出ると肌の芯が直に外気に触れるような感じがしていた。だから理由はすぐに判明した。「角質ケア」のやりすぎである。

当時、いわゆる「AHAもの」「フルーツ酸もの」が続々デビュー。片っ端から使って、どれがイチバンつるつるになるか、なんてことを試していたから、古い角質を取り除くばかりか、本来あるべき形のターンオーバーのリズムを、いたずらに速めていたに違いない。当然、角質層は薄くなる。正常な角質層が、肌内部を外気から守る「バリア」の役割を果たしているのはご存じの通りだが、そのバリアがなくなったような状態では、冷気をモロに受けて、肌が極度の刺激を受けるのは目に見えている。

そもそもバリアは水分を抱え込み、潤いやしなやかさはもちろん、それで透明感や肌の明るさを作っているわけで、当時の私の肌は、そういう見た目の美しさの元になる膜がない、丸裸の状態になっていたと考えられる。だから冷気に触れると、いきなり真皮で血行が滞り、うっ血したような状態が「丸見え」になっていたわけだ。その日から、角質ケアをしばらくやめ、バリア層を回復させて事なきを得たけれど、今考えると恐ろしい。そこそこの角質ケアは必要だが、やりすぎは肌を根本からダメにする。くれぐれもご用心。

ページTOP△


美容ライターさんの関連記事3

(メイキャップマガジン2000「斎藤薫 美容の本当」)

「そもそも私たちは今、知らないうちに角質ケアをやりすぎになっている」

「角質ケアをやりすぎてはいけない」と言ったけれども、いわゆる「角質除去用化粧品」を使わなくても、知らず知らずの角質ケアをさせられてしまうのが、今のスキンケア。というのも、美白でもアンチエージングでも保湿でさえ、本来の目的を果たすために有効成分の浸透をよくする目的で、角質除去成分がサブ的に配合されているケースがきわめて多いからなのだ。

レチノールなどは、それそのものが角質除去効果を持っている。

レチノールと角質ケアを併用してはいけないと言われるのもそのためだが、それでなくても、うっかりすると知らないうちに、角質除去を何個も重ねてやっていることになりかねないのだ。もちろんサブ的に配合された「角質除去効果」は、あくまでサブ的、穏やかなものに置き換えられており、重複してしまってもさしたる問題はない。しかし、美白もアクネケアもアンチエイジングもと、トラブルケアの単品をいくつも同時に使うときは、重ねすぎにならないよう、注意したいものである。

ページTOP△


その他の関連記事

(フラウ99年3/9「美しき誤解」より抜粋)

実はこの数年、20~30代の肌に「角質異変」が起きている。すりきれたボロ布のように角質層は傷んでいて、もろいのにゴワゴワと厚い、そんな角質異変の元凶は、強すぎる洗顔や毛穴パック、角質除去のしすぎではないかといわれている。肌の角質層は、私たちが空気中で生きるために不可欠。角質層がなくなったら、私たちは脱水症状になり細菌感染して死んでしまいます。それほど大切なものだから、洗顔をしすぎたり角質を無理に剥がしたりすると、肌の防衛本能が働いて、角質細胞を作るスピードがどんどん早くなるんですよ。

花王化粧品研究所

今の20~30代の肌、特に顔などの露出部はターンオーバーが早すぎて、角質がじっくり育たず、未熟児のような状態で表に出ています。古い角質では決してなく、未熟児の角質がどんどん作られるために、角質層が厚くなっています。こんな肌はカサカサでキメが粗く、部分的にザラザラしています。

ポーラ研究所

肌のターンオーバーが早まる原因には、日焼けや洗顔のしすぎ、角質の取りすぎ、肌乾燥、ストレスや睡眠不足などがあげられる。これらが刺激になり、肌の中でプラスミンやヒスタミンなどの炎症性物質が出ると、すごい早さで未熟な細胞が作られていく。特に日焼けのあとはターンオーバーが早まり、ポロポロ皮がむけるくらいに角質層が厚くなる。ターンオーバーが早いと、肌の天然のうるおいも十分に作られないので、肌は常に乾燥してザラザラしています。それを「古い角質」と勘違いして、無理に取ろうとする人がいますが、かえって肌を傷めてしまいますよ。肌の天然のうるおいは、水で洗っただけでも溶けだすのですから、強すぎる洗顔料で洗いすぎるのは考えものです。

アルビオン商品開発

敏感肌も大人のニキビも、実は二つとも「角質異変」のトラブルだ。肌のターンオーバーが早くなり、未成熟な角質でどんどん肌が厚くなり、毛穴の出口がふさがってしまうとコメドになります。皮脂が少ない肌でも、毛穴がふさがるとニキビになりやすいんですね。

アユーラ

ヴォーチェ2001年2月「コスメ使いの超基礎」より)

Q、角質除去ケアって、本当は肌に良いもの?悪いもの?

「いい角質層は、良いセラミドやNMFを作り出す。角質はすごく大事なものなのです」「無理に取り除けばセラミドの機能も不十分になり、トラブルを招く結果に」「取らないよりも、取り過ぎるほうが、むしろ肌には深刻です」

花王化粧品研究所

「毛穴はガードが堅いから掃除してもいいけれど、肌表面は皆さんが思っているほど古い角質はありません」「毎日のクレンジングと洗顔で落ちるものは落ちるので、Tゾーンケアを除いて必要はなし」

アルビオン商品開発

ページTOP△


文責:中原 浩